役員紹介

西野 隆英
一般社団法人 IT産業懇話会
代表理事 西野 隆英

1955年、大阪府藤井寺市 出身
1978年三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入社。主に情報システム部門にて従事。2002年より旧UFIT(現TIS)にて経営に携わる。2013年4月よりTISソリューションリンク社長就任。現在に至る
趣味〜ゴルフ、ガーデニング



代表理事からのご挨拶(2018年6月21日)


任意団体のIT産業懇話会を設立したのは、2011年4月。2014年10月に一般社団法人に移行しました。
文字通り、あっという間でした。

そもそもの設立目的は、学生にもっとIT業界を理解して欲しいということでした。
彼/彼女らは、今日の社会においてITの果たす役割の大きさを認識しつつも、
IT業界やITの仕事をそれほど知らないままに就職活動をしているのではないか――。
そんな問題意識がきっかけです。

事情は採用するIT企業も同様であり、大学や学生がIT業界をどう見ているのかを
必ずしも深く認識しないままに採用活動を行っている面があります。
学生も企業も、そして大学も、具体的にどう活動していけばいよいのか、
暗中模索の状態が長い間続いてきたのです。

この状態を何とかしようとIT産業懇話会の設立に至ったわけですが、
その時、具体的な目的として3点を掲げました。

1、 学生と大学に向けたIT業界に対する理解の促進

2、 IT業界を志望する学生に対する、役に立つ就職支援活動の提供

3、 IT業界・学生・大学の3者が満足できる効果的な連携の支援

です。

この間、試行錯誤しながら、これらの目的の実現に向けて活動してきました。
幸いなことに、賛同を頂いた111社と2団体、16の大学・専門学校(平成30年6月末日現在)に会員になっていただき、
すでに企業と大学の連携など様々な活動が始まるなど成果が出てきています。
わずか数年でここまで広がるとは考えておりませんでしたが、
これも関係者、会員各位のご協力の賜物です。有り難うございました。

しかしまだスタートラインに立ったばかりなのも事実です。
政府は「1億総活躍社会」を打ち出しましたが、学生の就職はその出発点ともいえ、
学生と企業の相互理解を深めることこそその実現に向けた大きな鍵であると考えます。

IT産業懇話会は今後も企業と学生の相互理解をさらに押し進め、
日本の産業基盤のひとつであるIT業界の発展のために努力をしてまいります。
引き続き、当会と共に活動していただけますよう、よろしくお願いいたします。


理事   前泊 哲明   (神奈川工科大学 キャリア就職課 専任部長)
理事   明比 卓    (神奈川大学 事務局次長 教務部事務部長)
理事   田中 輝雄   (工学院大学 情報学部 コンピュータ科学科 学科長(情報学部教授))
理事   齋藤 泰秀   (早稲田大学 理工学術院統合事務・技術センター 参事)
理事   松本 一教   (神奈川工科大学 情報学部学部長:教授)
理事   吉川 光浩   (日本工学院八王子専門学校 キャリアサポートセンター課長)
理事   薮田 洋    ((前)青山学院大学 進路・就職センター 進路・就職部長)
理事   小野 光昭   (株式会社システムアイ)
理事   田口 潤    (株式会社インプレス)
理事   佐藤 俊則   (サクラシステムサービス株式会社)
理事   西山 徹    (TDCソフト株式会社)
理事   白取 紀憲   (日本エス・シー株式会社)
監事   高橋 茂    (KYCOMホールディングス株式会社)
事務局  井原 雅美   (一般社団法人 IT産業懇話会)
事務局  石黒 光徳   (TISソリューションリンク株式会社)
事務局  川向 一史   (株式会社クレヴァシステムズ)


ページトップボタン